赤いシャツが着たいけど、着られない理由

シャツの話が続きます。

過去、戦力になってきたシャツって

振り返ってみると、きっちりと白か青系でした。

保守的なんですね。良くも悪くも。

赤を含む、その他の色って見事にゼロ。

写真のような赤系のストライプシャツって

着たいなって思うんだけど、

実際のオーダー時になると触手が動かず。

小僧にはまだ早いって

本能で感じているのかもしれません。

もちろん、今後ずっと着ないって話ではなく。

赤ストライプをかっこよく着こなす人を

Instagramでみると、すかさず「いいね」を押しています。

「いつかはクラウン」ならぬ、

「いつかは赤ストライプ」と寝る前に念じています。

レスレストンのビスポークシャツ カンクリーニのデニム

レスレストンのビスポークシャツ 1枚目のレポート