ネクタイは迷わず1度で締めるべき 鏡は絶対に見ない

MEN’S Precious(メンズプレシャス)2018年秋号の

Kindle版を購入しました。

日々、勉強です。

その中のコラムで

セブンフォールド社ディレクターの加賀健二さんが登場。

タイを締めるときは迷わずに

1度でノットを決めます。

鏡は絶対に見ない。

ミヌッチさんが言っていました。

「鏡を見ながら、神経質にノットをいじるのは、

いかしていない」と。

わかります。その気持ち。

でも言わせてください。

1度では決まらんっっす。無理っす。

もちろん、目指すのはこの領域ですよ。

それは100%納得です。

ただ、もしも、これを目指そうとするなら、

ネクタイのブランドなど、

質や長さは統一しないと。

長さなんか同じじゃないとまず無理。

とりあえず自分的にはやり直しは

1度までとしたいです。

南シャツで作ったトーマスメイソンのデニムシャツ

白のリネン 南シャツ8枚目が完成