本木雅弘「スーツの美学」を語る

紳士よ、オーダースーツを纏え!

メンズプレシャス 2018年春号が発売されて購入しました。

雑誌は2ページ以上、読んでいて楽しいところがあれば

積極的に購入しています。

今号はもちろん、

本木雅弘さんへのインタビュー2ページがそれに該当。

表紙でノータイなのは???ですが、

まあ、良しとしましょう。

既製服は時間が経つにしたがって劣化していく。

ビスポークのスーツはそれとは逆に味がでてくる。

この違いが大きい。

本木雅弘さんは現在、ロンドンにお住まいだそうで

「ファーラン&ハーヴィー」という

テーラーでオーダーしているそうです。

不勉強で申し訳ありませんが、聞いたことありません。

靴はジョージ・クレバリーでビスポークされていると。

さぞかし似合うことでしょう。

記事が気になる方は雑誌をチェックしてみては。