男にトレンドは必要ない

さて、本日のお題は「男にトレンドは必要ない」です。

言いたいことは、このまんま。

よくファッション誌をパラパラとめくっていると

今年はブラックウォッチ柄がくるとか、

英国テイストがくるとか、

なんやかんやと声高に叫ばれています。

それはそれでいいのですが、

我々一般消費者にとって、

それは全くもって関係のないことだと

肝に銘じておくべき。

彼らは彼らでトレンド(流行)を作り出し、

シーズン毎に服を買わせないと

食いっぱぐれてしまうわけで。

我々は我々でそれに全部つきあっていると

キリがないわけで。

よってなんやかんやと言われても

話半分の半分の半分以下で

聞いておくのが吉かと思います。

早い話が5年、10年着ることができる

ものを買い求めましょうということ。

結果、着なかったとしても

買う時点ではそういう志を持ちたいなと。

写真は表参道とかにあるスニーカーショップです。

格好いいですね。

こんな風にスニーカーを眺めるのが好きなんです。