スーツのビスポーク

Evernote Camera Roll 20160828 233451

そりゃ、やっぱり行きつくのはビスポークですよ。

靴でもスーツでも。

で今はスーツについて、いろいろ考えを巡らせていますが、

スーツにおいての評価軸は

例えば値段、納期、スタイルなど。

値段は高すぎてもいけないし、

納期が3年でもちょっととなる。

そこらへんのいい感じの塩梅を見つけないといけない。

ここ最近、有力候補にあがっているのが

リヴェラーノを現地フィレンツェでオーダーするという選択肢。

値段は5000ユーロ。約56万円。

こちらの魅力は格好いいのは当然として

納期が早いということ。

正確な数字は確認しないといけませんが、

雑誌には3カ月とありました。

自分はビスポーク靴をオーダーしているということもあり

フィレンツェには、これからも定期的にいこうと思っているんです。

靴を作りながらスーツも。

夢のような生活ですね。