イルミーチョの注文にフィレンツェへ オーダー編

写真 2015-11-07 22 41 53 (1)

ふと過去のブログを見返していて、

肝心なことが抜けていることに気がつきました。

それが「イルミーチョ」で靴を注文したときのことが

書いていないということ。

「移動編」や「宿編」や「キーケース編」は書いてあるが、

オーダー編がないという失態。

オーダーから2ケ月遅れで、書こうと思いますが、

まあ思いついただけ、よかったとしてください。

記憶も少し薄れかかっていますが、

それだけ客観的に書くことができます。

はい。

物事のいい側面だけを見るのは得意なんです。

まず、現地フィレンツェでオーダーするためには

もちろん、メールで予約をとりました。

イタリアのお店に行ったら、海外のトランクショーだった。

深谷さんがいない!

そんなことは許されませんので。

で自分の仕事を調整して、深谷さんの予定を確認。

たまたま自分が開けることができる期間が

深谷さんがイタリアにいるときと重なったのでアポイント。

人通りの少ない路地裏にあるお店は

グーグルマップですぐにわかりました。

お店に行くと深谷さんが1人で店内に。

挨拶もそこそこに、質問しながらモデルを決定。

値段は1足目は3500ユーロ(462000円、1ユーロ=132円で計算)で、

2足目以降は3000ユーロとのこと。

記念すべき1足目は

ダークブラウン、内羽根のセミブローグにしようと思っていましたが、

話を聞いた結果、

ダークブラウンのパンチドキャップトウに変更。

ここで印象深かったことのひとつに

採寸が非常に丁寧だったということ。

自分が思う自分の足の特徴として

①右足の甲の骨が出ている。

②両足の踵の骨の位置が低い。

③右足の小指が、左に比べて出ている。

主なところで、この3点だと思っています。

①は採寸しながら深谷さんにすぐに話をしましたが、

②、③は口にしませんでした。

①は絶対に伝えておかないといけないと思ったのですが、

②、③はそこまでではないかと思っていたんです。

また、これまでのオーダーの経験から

職人さんにはあまり、あれこれ言い過ぎないほうが

いいと思ったというのもあります。

それでも採寸の触診のときに

②、③と指摘されました。

このことは自分の中では、少し感動的なことでした。

いい当てられたのは初めてのことだったので。

もうひとつ今になっても覚えていることは

トウについてです。

それまではラウンドにしようかなと漠然と考えていましたが、

話をしていると、自分の足から作ると

ラウンドではなく、少しだけチゼルトウになるとのこと。

普通はラウンド、チゼルと選べると思うのですが、

深谷さんの考えでは

足の形で

必然的にラウンド、チゼルが決まるということ。

初めてそう言われて、

深くうなずいてしまいました。

確かにそれのほうがデザイン的にもいいのかもねと。

写真はお店のショーウィンドーの写真です。

白ヌバックのクロコダイル、シングルモンク。

ショーケースに映える、アーティスティックな靴です。

と、こんな風に思い出しながら

書いていると次の渡伊予定である2016年2月が楽しみになってきました。

マイルも順調に貯まっていますし、後は日程を調整するだけです。

イルミーチョの仮縫い

イルミーチョのチャッカブーツ