style 5

DSC_0014

よくファッション誌に

ジャケットの袖からシャツが1センチとか1.5センチとか

出ていないといけないって書いてありますよね。

あれ、書き方の問題なんでしょうけど、

ファッションに興味を持ち始めた頃は

結構、混乱していました。

ああいう書き方を読んでしまうと

さもジャケットに問題があるかと思ってしまいます。

でも問題があることが多いのはシャツだと思います。

つまり、シャツの袖の輪の長さが大きすぎて

手首でキュッとシャツが止まらず、

手のひらのほうまで、かかってしまっているんです。

でもファッション誌には、シャツの袖のサイズが問題とは

ひと言も書いていない。

全てはジャケットの袖の長さの問題であるかのごとく

書いてある。

なので、シャツの袖を少しだけ

のぞかせようと思うならば、

まずはシャツの基準を決めたほうがいい。

ジャケットの袖の長さを調整するのはそれからだと思います。

写真は

ネクタイはウルトラーレのセッテピエゲ。

数えたことはないし、広げたこともないけど、いわゆる七つ折。

確かに締め心地は他とはちょっと違って

ふんわりしています。

このジャケットは好きなジャケットのひとつですが、

なかなか着る機会がないのが実情。

今年こそもっと着こみます。

ジャケットはコルウ、タイはウルトラーレ。